DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

マヌカ

マヌカの木はニュージーランドに自生しています。ティートゥリー(Tea tree)としても知られ、マオリの人たちからは昔から「癒やしの木」「復活の木」などとして知られ、さまざまな使われ方をされてきました。 マヌカの花蜜から採れたマヌカハニーには、普通のハチミツよりも際立って高い抗菌作用があることが知られ、その独特の抗菌作用の源はメチルグリオキサールという物質であることが、近年の研究によって解明されました。 この成分は元々のマヌカの花の蜜にあるのではありません。マヌカの花蜜には他の花の蜜には微量にしか含まれないジヒドロキシアセトンという成分が特別に多く含まれており、この成分がミツバチの巣の中で時間をかけてメチルグリオキサールに変わっていきます。 マヌカハニーは、マヌカの木とミツバチの両者があってはじめて完成する自然の恵みです。