News

PCR検査のCt値

マヌカハニーがちゃんとマヌカの花から集められた花蜜からできていると確認するために、PCR検査で花粉のDNAを検査します。ニュージーランド政府第一次産業省の基準ではどう定められているでしょうか?

新型コロナで議論となったPCR検査のCt値

花粉は風でも飛んでいくので…

 健康意識の高い人々、美容に良い食品をお求め方々の間では、世界的に人気のマヌカハニーですが、新型コロナの流行で有名となったPCR検査マヌカ花粉のDNAを確認するために使用していることは、別記事でもご紹介致しました。

 ところで、皆様はPCRのCt値(Cqと記載する場合もあり)に関する議論はご存知でしょうか?検査の感度に関する数値と思って頂けると良いのですが、Ct値が1つ増えるたびに感度がだいたい2倍になると考えられます。

 マヌカハニーの花粉は風に吹かれて空気中に飛んでいるものもあるでしょうから、あまりにも微量なDNAまで検出していると、本来の花蜜と一緒に運ばれてきた花粉のDNAなのか、他のルートから混じりこんだのかの区別もつかなくなりますので、Ct値(Cq)は36未満をという基準になっています。つまり、感度は適切に設定しないと、無闇に高くしすぎるのも不適切であるということになります。

 コロナのPCR検査検査においては、感度が低すぎると陽性者を見逃しやすくなりますし、感度が高すぎると問題のない人まで陽性と誤判定するおそれもあります。国ごと、機関ごとに色々な値に設定されていて、統一が取れていないのが現状のようです。

 

ニュージーランドの生産者から直接

30年以上家族経営で養蜂業

毎年安定して高級高品質

 弊社では、Gibbs社のKOTAHIブランドの高級マヌカハニーを輸入販売しています。Gibbs一家は30年以上にわたり、家族経営で養蜂を続けています。採蜜する場所も良好で、毎年グレードの高い、本物高級マヌカハニーだけを生産しています。グレードの高いものだけを生産しているので、KOTAHIUMFグレードは最低でも10+となっています。

Address

ニュージーランドから直輸入した高品質な商品を全国各地にお届けします

概要

会社名 モーテン合同会社
住所 東京都渋谷区渋谷3丁目1−9 YAZAWAビル3階
電話番号 050-3588-4498
対応エリア 全国対応

アクセス

ニュージーランドでの厳しい審査を受けた上で封をされたUMF10+~22+までの様々な製品を輸入し、お客様のもとへとお届けしてまいります。正真正銘の製品の中でも、安定したグレードの製品を生産するGibbs社のKOTAHI®ブランドだけを取り扱っています。
Contact

お問い合わせ