News

マヌカハニーのグレードを表す

乱立する規格

 美容、健康意識の高い人々の間では、世界的に人気のマヌカハニーですが、品質や等級の表示が様々で、混乱されている方も多いと思います。現在でも、独自の単位による表記がされている製品も多く、製品の比較が難しいのが現状です。

 ニュージーランドの関係者から伺ったところでは、業界の動向としては、数値化の方法として信頼できるものはUMFMGOの2つに収束するのではないかと聞いています。UMFUMFはちみつ協会が認証するもので、かつてはNPA(Non-Peroxide Activity)という抗菌力の内、普通のはちみつでもある過酸化水素による抗菌力以外の部分を示す指標と一致するように定められていましたが、現在では後述のように抗菌力ではなく成分濃度からグレーディングしています。
 MGOは、マヌカヘルス・ニュージーランド社が商標登録していて、メチルグリオキサールの濃度(mg/kg)に基づいています。これは、普通のはちみつの抗菌成分とは違うマヌカハニー独自の抗菌成分がメチルグリオキサールであるという研究に基づいたものです。

 UMFも、これまでとの数値との整合性をとっていますが、今ではグレーディングはメチルグリオキサールの濃度に基づいて行われています。

 UMFMGOの数値を比較する際にはお互いの換算が必要なのですが、どちらも科学的な根拠に基づいたものと言えます。換算は直線的ではありませんが、いくつか例を挙げますと

UMF5+  ≒ MGO83+

UMF10+ ≒ MGO263+

UMF15+ ≒ MGO514+

UMF20+ ≒ MGO829+

となります。UMF5+とUMF20+を比較すると、基準となるメチルグリオキサールの濃度が約10倍異なります。

 UMFMGOの比較の上で、もう一つ大きな違いは、UMFは等級付(レイティング)の他にも

自社基準ではなくUMFはちみつ協会による認証

UMFはちみつ協会の品質基準がある

等級付にはメチルグリオキサールとレプトスペリンの2成分の濃度を評価する

などがあります。KOTAHIマヌカハニーは、UMF認証製品です。

ニュージーランドの生産者から直接

30年以上家族経営で養蜂業

毎年安定して高級高品質

 弊社では、Gibbs社のKOTAHIブランドの高級マヌカハニーを輸入販売しています。Gibbs一家は30年以上にわたり、家族経営で養蜂を続けています。採蜜する場所も良好で、毎年グレードの高い、本物高級マヌカハニーだけを生産しています。グレードの高いものだけを生産しているので、KOTAHIUMFグレードは最低でも10+となっています。

Address

ニュージーランドから直輸入した高品質な商品を全国各地にお届けします

概要

会社名 モーテン合同会社
住所 東京都渋谷区渋谷3丁目1−9 YAZAWAビル3階
電話番号 050-3588-4498
対応エリア 全国対応

アクセス

ニュージーランドでの厳しい審査を受けた上で封をされたUMF10+~22+までの様々な製品を輸入し、お客様のもとへとお届けしてまいります。正真正銘の製品の中でも、安定したグレードの製品を生産するGibbs社のKOTAHI®ブランドだけを取り扱っています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事